過食嘔吐克服にモデル体型ダイエットがいい理由

976b565af079f034bc5da5dcba89ad00_m

過食嘔吐は食べないダイエットが引き起こす悲劇

girl-1064659_1280

過食嘔吐は「食べたら太る」という意識が根底にあり、専門医でもなかなか根治するのは難しい病気です。

今回は過食嘔吐についてどういったものなのか、そしてそれをモデル体型ダイエットを通して治した方の体験談をご紹介します。

今まさに過食嘔吐に悩まされている方、ダイエットをしてもリバウンドで後悔している方、のお役に立てたら幸いです。

 

過食嘔吐って?その症状 

過食嘔吐とは、摂食障害の一種の過食症の症状です。

どんな症状かというと、普通では考えられないほど短時間で沢山の食事を無理矢理詰め込み、その後「沢山食べてしまった」という自責の念(自分を一方的に責めてしまうこと)から、嘔吐してしまいます。

 

976b565af079f034bc5da5dcba89ad00_m

 

過食嘔吐の原因 

過食嘔吐の原因は様々ですが、一般的にはストレスや自分の体型などに強いコンプレックス、自尊心や自己肯定感が低く自分自身に全く自信が持てない・・・などが挙げられます。そしてそれらが複雑に絡みあっています。

原因は一つだけではないため、その人の育った環境やさまざまな要因を知ることで完治への道が開けることもあります。

 

過食嘔吐をモデル体型ダイエットで克服!

ダイエットというと「食べてはいけない」という気持が根底にありませんか?

過食嘔吐も「食べていけないのに食べてしまった」、「食べたら吐けば帳消しになる」という気持ちが働いて、自分ではコントロール出来なくなってしまいます。

 

cake-1227842_1280

 

【ブログ体験談】痩せても痩せても痩せたい気持ちから開放された!(Sさん) 

今からご紹介するのは、夜のお仕事をきっかけにダイエットに目覚めた、Sさんの過激なダイエット体験談です。

************************

私は17才の時から一人暮らしを始めました。

毎日ジャンクフードやコテコテのお食事をしていました。

その頃はダイエットには全く興味はありませんでした。

 

そんな私を変えたきっかけは夜のお仕事との出会いでした。

そのお仕事では容姿ばかり見られる世界なので、負けず嫌いだった私は・・・

可愛くならなきゃ!

細くならなきゃ!

と、思い始めました。

 

痩せていけばいくほど、ちやほやされる。

認めてもらえる。

この時から

「みんな、痩せている私が好きなんだ」

「太ったら今の自分は終わり・・・?」と

思うようになりました。

 

finish-1414156_1280

 

過激なダイエットを繰り返し、体がどんどんやつれていきました。

それでも、まだ痩せたいと必死になっていたのです。

そしていつの日か食べ物のことが頭から離れなくなってきました。

常にイライラするようにもなってきました。

外ではニコニコしていても彼氏には、当り散らす性格の悪い私になっていました。

私は、自分の全てに自信がなくなりました。


痩せていること以外…

その後、普通の会社に就職しました。

その時、私は今までにないストレスと疲労感で、押し潰されそうな毎日を送っていました。

そんな中、唯一の楽しみは、休日に食べたいパンやお菓子をどっさり買いこみ、引きこもって一日中家で食べることでした。

過食した日は人との約束があっても、外食をするのが嫌なので仮病を使って断ることもよくありました。

それは、この日こそが私の楽しみであり生きがいだったからです。


その時の私には、この楽しみをやめるなんてできませんでした。
考えもしませんでした。

 

まるで麻薬のようでした。

drug-1482616_1280

拒食過食を続けて行ったら、いつの日か満腹感を奪われるようになってしまいました。

お腹がパンパンなのに、食べる手が止まらないのです。


『どうしてなの?』もうお腹ははち切れそうなのに、、、


やめたくても止まりません。
自分の手がいうことを聞かず、どんどん口に食べ物を押し込んでいきました。


こんなこともうやめたい!何度心の中で叫んだでしょうか!


なのに、やめられない。どうしたらいいの?だれかこの手を止めて・・・。


ただ、ただ、生きているのが苦しかった。
消えてなくなりたいと思いました。


少しずつ太っていく自分を受け入れられませんでした。

太った自分なんか見られたくない・・・誰にも会わず引きこもっていたい。

常にそう思っていました。

 

体重が増えてくると、今度は痩せている人は何を食べてるのか、人の食べてる物が気になり始めました。

毎日朝から晩まで暇さえあれば、ダイエットブログを読みあさりました。


痩せる方法だけをネットの中で探す毎日でした。

そんな時、辿り着いたのが、
食べて痩せる「モデル体型ダイエット塾」ブログです。


そのブログとの出会いが私を変え始めました。


そして、久しぶりに本当の自分の声が聞こえました。


『食べたい。普通に食べたい。』

 

woman-591576_1280

 

痩せる食事を知ることができれば、これ以上太らずに食べれる体になれると一筋の希望の光が見えました。

一人で頑張っても、このままじゃなにも変わらない。

そして、モデル体型ダイエット塾の通信セミナーに飛び込んだのです。


この塾は食べて痩せる塾。もっと食べなくては痩せないと言われました。


しかし、食べない生活を続けてきて、

「食べれば太る」

という呪縛から解き放たれていない私にとっては食べるのが怖く、ごはんが食べられない日も少なくありませんでした。

それでも、教えてもらったものを、少しずつ食べるように努力していきました。

 

そうするとどうでしょう!!

言われたものを食べていれば、体重が増えないのです!!

衝撃でした!!むしろ食べているのに体重が減った!!


食べても太らないことを体感してはじめて、少しずつ、少しずつ食べられるようになってきました。

入塾して約半年が経ちました。

今は食事することへの罪悪感は消えました。
そして、食べることへの喜びを思い出しました。


何より「美味しいね」と言いながら、だれかと一緒にご飯を食べれるようになったことがとても幸せです。


今私は少し前とはまったく違う景色を見ています。

こんな私でもこんなに変われました!

だから、きっとあなたも変われるはず!

 

************************

Sさんは過食嘔吐の「食べたら太る」という呪いから解き放たれ、今は「食べる喜び」とスリムな体の両方を手に入れることができました。

この苦しみから解放された方は何人もいます。

もう一人の体験談をご紹介しますね。

 

【ブログ体験談】過食嘔吐は恥ずかしい・・・誰にも言えず過ごした日々から脱却(Uさん)

20年以上も過食嘔吐に苦しんだUさんの体験談です。

 

e17b9ca7d8c607938a2a28d0195db67d_s

************************

私は高校2年生までは 『食べること大好き』食べて遊んで、
悩みもなく 毎日楽しく過ごす平凡な学生でした。

何も気にせず食べていた時代は、

朝ご飯→学校でパン→お菓子→お昼ご飯→お菓子→放課後パン→そのままマックやロッテリア→夜ごはん、
1日中食べてました。

気にせず食べ続けた結果、パンパンに太り158㎝58㎏に。

このままでは、まずい!とダイエットを始めたのがきっかけで
ここから万年ダイエッターになっていったのです・・・

はじめてのダイエットは、キャベツしか食べないダイエットでした。
一週間でマイナス8㎏痩せました。

その結果から食べなきゃ痩せるんだ!と私の思考にインプットされ、


ここから20年間 (食べなきゃ痩せる) という間違った法則を信じ込んでいました。

8㎏痩せたキャベツダイエットも、食事を戻せば元の体重以上に戻り
痩せてはリバウンド、又ダイエットの繰り返しで50㎏前後をキープしていました。

20代になり社会に出た私は MC業の仕事に就きました。
モデルやキャンペンコンパニオンの子たちに囲まれて仕事をしました。

 

みんな細くてかわいい子ばかり・・・

コンプレックスの塊の私には、「痩せてる=美しい」と頭の中で図式化され

「痩せていない自分はかわいくないらダメ」という思考になっていきました。

もっと痩せないとと常に思い、1gでも体重が増えていた時には
仕事だというのに オーディションのドタキャンもしばしばでした。

この頃は、ほとんど食事を食べていないのに、体重が減らないのが普通でした。

友達との外出や外食、彼氏とのデートの食事すら、ストレスを感じるようになっていました。

そのストレスから、自宅に帰ると 沢山の食べ物を買い込んで口に詰めこみました。

ふと、我に返ると食べてしまった事に焦りを感じて今度は吐く、そんな自分が嫌になり 過食してまた吐く。

こんなことが繰り返されるようになりどんどん過食嘔吐をするようになっていったのです…。

chains-19176_1280

実は25歳の時に 遠くに住む母親に打ち明けたことがあります

「沢山食べて吐いてしまう、病院に行こうか迷っている」と告げると・・・

母親から返ってきた言葉はこうでした。

「自分の娘が精神科なんてありえない!」
 

この時私の中で、過食嘔吐=精神病で、人に言ってはいけない病気であり、病院に行くことは恥ずかしい事なのだと、間違った情報が頭にインプットされてしまいました。

 

この過食嘔吐は 誰にも言えず20年以上続きました。

 

病院に行くことは良くない事だ、と信じ込んでいた私は
日常でストレスを感じて食べる、そして太りたくなくて吐く。

1日の終わりにコンビニでカゴいっぱいにお菓子や食料を入れているのを、何も知らない友人に見られると、

『みうちゃん何日分の食料!?』と驚かれたり笑われたり。

その度に「まとめ買い」と笑って誤魔化し、人前では明るく元気に振舞いました。

ですが、その陰では

ありとあらゆるダイエットを毎日何かしら取り入れて

体重をギリギリ保っていました。

そのまま35歳を過ぎた私は、ほんの一口の食料でさえも
すぐに溜め込む代謝の悪い身体になっていました。

 

この時は、何をどうやっても1gも体重が減らなくなってしまいました。

 

焦ってジムに通いました。食べずに大量の汗をかいても痩せません。

エステに行き痩身を受けても体重は減りません。

1日中サウナで過ごしても減らない。

2日間何も食べないで、1キロ減っても何か食べれば、倍に増える。

shopping-879498_1280

ストレスで過食嘔吐は続きます。

大量の食料を詰め込んだ後は泣きながら 吐きました。

もういや…怖い…体重が増えていくのも、このまま過食が治らないのも怖い。

何をしても痩せない身体に途方に暮れ、毎日イライラし、悲しみ、
何か良いダイエット法はないかだけを 日々考えて生活をしていました。

脂肪吸引の効果や口コミも、沢山読み漁りました。

 

ある日いつものように過食後に自己嫌悪の中
インターネットでダイエットを検索していると1つのブログに辿り着きました。

それは【モデル体型ダイエット塾】のブログでした。なぜか気になり読み続けました。

数々のダイエットを繰り返し、痩せなくなった私は
このモデル体型ダイエット塾に申し込みするのを、半年間躊躇しました。

何をしても痩せないし、このダイエットも信じていいものか…と迷って迷って迷い続けました。

 

でも毎日大量の食べ物にお金をかけ、食べては吐いて、泣いて、後悔する日々を繰り返すよりも、一度 やってみようと決意し、通信セミナーに申し込みをしました。

この塾ではサプリも、ダイエット食も、一切禁止というルールがあります。

私はそれまでサプリがないと怖くて怖くて、物を食べることができませんでした。
10年以上飲み続け、依存していた大量のサプリメントを 捨てるには大変な勇気が要りました。

しかし、不思議と後悔はなく、素直にダイエットを実践してみることにしたのです。

この時の私の気持ちの切り替えが、どのタイミングだったかはうまく思い出せません。

「とにかく 辛いダイエットから解放されたい!」という思い一心だったのでしょう

それから、はじめて1週間たたないうちに、今までぴくりともしなかった体重が減ってきたのです・・・
ダイエットらしいことは何もしてないはずなのに!

ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_s

 

ダイエット=辛い のイメージがついている私は心底驚きました。

何もしてないのに・・・今までより食べているのに・・・どうして体重が減るの??

どん底にいた私に、希望の光が見えた忘れもしない一瞬でした。
今までの自分は、空の色すら気にする余裕がなかったのです。

それなのに、外に出て空の青さに「いい天気!」と 呟けるほど気持ちが軽くなりました。

まだ私の体重は変化できるんだ!
きっと、この方法なら大丈夫!直感でそう感じたのです。

そのまま思い切って飛行機に乗り、ダイエット塾の先生に会いに行きました。

 

今までの自分とは明らかに違い、その頃からダイエットに対しての思考が180度変わりました。

それまでは 今日はどうやって食べることを避けようか考えていたのに。

「今日は何を食べようか?」と考えている自分に驚き、

毎朝乗る体重計の数値が どんどん減っていくことに気分が軽くなり、

食べることが怖くない「食べないと」痩せられない。
と、いう事が自分の体験を通じて頭で理解できるようになってきたのです。

これは、通信セミナーを 申し込んで、2か月の間の出来事です。

20年間ダイエットに苦しんできた私が、何も怖れずに、食べることを幸せと感じられるようになりました。

友達との外食を 素直に喜べるようになりました。
好きな洋服を あれこれ買い替えたくなりました。

こんなダイエットのことを 考えない日が来るとは
夢にも思っていませんでした。

「人生の全てがこのダイエットによって変わった」といっても過言ではありません。

こうなると、過去の自分のように苦しんでいる方に

辛いダイエットから解放されこれからの人生を今より輝かしく、
明るい気持ちで過ごしてもらいたい。

せっかくの1度の人生、辛いダイエットで身体と心を傷つけないでほしいのです。

一人で悩み泣かないでほしいのです。

辛い経験も過去にできます。私が実証済みです。
辛かった経験もこれからの喜びに変えていきましょう。

************************

sillhouette-1208271_1280

Uさんは、過食嘔吐に20年以上苦しみ克服され、その経験からモデル体型ダイエットのインストラクターにもなりました。

 

本当に人生の転機となったのです。

「食べることは生きること」

 

・・・Uさんの体験談を読むと、そう感じてくるのではないでしょうか?

 

「食べると太る」「食べても吐けばいい」という考え方を消し去ろう

 

あなたやあなたの周りの人の中にある、「食べると太る」という考えは間違っています。

もちろんジャンクフードを食べ続ければ、太っていくことは誰が見ても明らかでしょう。

しかし皆、体は食べないと不健康になると知っているはずなのに「食べると太る」と言います。

それは何故でしょう?

お菓子やジャンクフードやコンビニ弁当・・・簡単に手に入るモノをすぐに口入れてしまうから「食べる=太る」という図式が成り立ってしまうのです。

 

体は素直です。ちゃんとした栄養を取っていれば、体は生まれ変わることができるのです。

ですが、「食べても吐けばいい」とう考え方は、いま食べたものだけでなく大切なミネラルやビタミンまで出てしまい、結局体に負担を掛けます。

とは言っても、一度過食嘔吐を始めたら抜けられない…それは体験談からも自分自身の体験からもよく分かっています。

過食嘔吐克服をするには・・・まずはきっかけ作り

study-1968077_1280

まずは、このブログを読んでみて下さい。

それがきっかけとなり、過食嘔吐を克服するのに食事のメニューが大切であり、実践することで、いつの間にか過食嘔吐を辞めることが出来る・・・

そんな流れで摂食障害の治療に繋がるという、イメージだけでも描いてもらえると幸いです。

少しでも「食べて痩せる」方法に興味を持たれたら、無料メールセミナーに登録していただくのも一つの手かと思いますよ。

過食嘔吐を克服するモデル体型ダイエットの方法

cooking-1013455_1280

モデル体型ダイエットは「食べて痩せる」健康法

みなさんの体験記にも何度も出てきましたが、モデル体型ダイエットは「食べて痩せる」ダイエット方法です。

適量を食べなくては、痩せるというよりも「やつれる」と言ったほうが適切かも知れません。

栄養学に基づいたダイエット方法

モデル体型ダイエットは栄養学を学んだ私が考案したダイエット方法であり、健康法です。

何をどれだけ食べるかが、一番重要な点です。

また、モデルダイエット塾には、必要以上に運動をすることもサプリを飲むこともしてはいけないという方針があります。

それは日常生活に、きちんとした食事療法を取り入れ、自分だけでなく家族も健康になるため、他のダイエット法を取り入れる必要がなくなることがわかっているからです。

過食嘔吐を克服して美と健康を取り戻そう

DAIKONPAKU0883_TP_V

今、過食嘔吐で悩んでいる方やそのご家族の方、そして過食嘔吐まではいかなくても・・・「食べたら太る」と思い込んでいる方へ伝えたいことがあります。

それは繰り返しになりますが、量とモノを間違えなければ、

食べて痩せることが可能なのです。

そしてそれが習慣になれば、もう太る心配も健康を損なう心配もいらなくなることでしょう。

一刻も早く正しい知識を身につけて苦しみから、喜びへ変えましょう!

モデル体型を手に入れる美味しいものを我慢せず運動0でモデル体型ダイエットメール塾

110
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事