ダイエットのための正しい砂糖の選び方

正しい砂糖の選び方

白砂糖はやめましょう。

白砂糖というのは精製されてしまってまったく栄養価がないもの。
そしてこれはカロリーの塊を食べているようなものです。

 

たとえば

 

グラニュー糖、きび砂糖、白砂唐、三温糖 などなど。

 

 

 

今まで知らずに使っていた方は要注意です。実は私もなのですが(^_^;)

 

「きび砂糖」は茶色くてまさに身体に良さそうなお砂糖です。
が、「きび砂糖」の後に○Rのマーク=登録商標のマークが付いています。

 

つまり企業が「きび砂糖」というネーミングを自分のところだけで使っているという意味で、さとうきびからできている「砂糖」という意味ではありません。

 

 

砂糖は原材料が肝心。

買うときに袋の裏を見てください。

 

「原材料名」という欄があります。

 

そちらに「さとうきび」とだけあったらOKだと思ってください。

「種子島産さとうきび」というのもOKです。

先ほどの「きび砂糖」にはなんて書いてあるかというと
「原料糖」と書いてあります。

 

 

こちらのブログに詳しく書いてありますのでご参考まで。

http://healthy88.com/sugar/cat114/cat115/post_10.html

 

上記ブログから抜粋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

精製されていく過程の中で、その結晶粒の大きさによって、
ザラメ糖、車糖、グラニュー糖などと様々に呼ばれますが、
その精製度の高いものは、100g中、糖質が99.8gにも達し、
ほかの栄養素を可能な限り排除した、単なるカロリー源です。

100g中の熱量は、387kcalです。

■純粋な砂糖の正体は化学薬品

これが純粋な砂糖と呼ばれるものの正体なので、
それは要するに薬物と同じであり、もっとも不自然なものなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまで

 

砂糖の弊害

要するに普通に「砂糖」と書かれて売られているものはほとんどが「化学薬品」ということになります。
このような砂糖を使い続けるとどうなるのでしょうか?

 

特に砂糖の弊害は多種にわたっていて、うつやアルツハイマーの原因にもなっているという説もあります。

 

難しくてよくわからない方は

 

買うときは裏をよく見ましょう!

 

「さとうきび」とだけ書かれているものを買いましょう。

 

 

全く新しいダイエットのノウハウを学びましょう

”運動ゼロ””美味しいものだけを食べる”

全く新しいダイエットノウハウを公開しています。

 

今までのダイエットの常識を覆すモデル体型ダイエットメールセミナーを無料でご受講いただけます。

 

ぜひ、健康と美しさが両立する幸せな心身を手に入れたい方はお申し込みをしてください。

 

メルマガ登録ボタン

 

 

モデル体型を手に入れる美味しいものを我慢せず運動0でモデル体型ダイエットメール塾

110
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事