ダイエットを効率化するためには身体を酸化させない

抗酸化作用のある野菜

身体が「酸化する」とか「活性酸素」「抗酸化」などという言葉は

どこかで耳にしたことがあるかもしれません。

 

各細胞にはミトコンドリアと呼ばれるエネルギー生産装置を持っています。

なんか生物で勉強したような記憶がよみがえってきます。

 

人はこのミトコンドリアで酸素を使ってブドウ糖などを燃やして

エネルギーをつくり出しています。

 

活性酸素をなくすには

酸素を使うと「活性酸素」が発生します。

 

この「活性酸素」こそが身体にとって大変有害なものなのです。

 

動脈硬化、アルツハイマー病、がんなどもこの活性酸素が

大きく関係しているとわかってきているそうです。

 

 

でもどうしたらこの活性酸素をなくすことができるのでしょうか?

 

抗酸化作用とは

それが「抗酸化」です。

 

身体って素晴らしいですね。活性酸素が出ると

この抗酸化作用をする酵素を出して撃退してくれるわけです。

 

SODといわれる酵素やビタミンC、ビタミンE、βーカロテンなどの

抗酸化ビタミンがその役割を果たします。

 

ここでひとつ残念なお知らせがあります。

 

これらの良い酵素は加齢と共に減少してしまう!!!・・・・大ピンチ。

 

他にも疲労、炎症、病気、喫煙、排気ガス、ストレスなどによって

「抗酸化力」は弱くなり身体の中は年齢と共に

ますます「酸化」していってしまいます。

 

だからこそ「抗酸化」の作用のある成分を

どんどん食べなくてはならないのですよ。

 

どんなものがいいかって?

 

それは多分 野菜ってことですよね。

 

野菜を1日350g以上食べましょう。

私は500g~食べることもありますよ。

 

”運動ゼロ””美味しいものだけを食べる”

全く新しいダイエットノウハウを公開しています。

 

今までのダイエットの常識を覆すモデル体型ダイエットメールセミナーを無料でご受講いただけます。

 

ぜひ、健康と美しさが両立する幸せな心身を手に入れたい方はご登録ください。

 

メルマガ登録ボタン

 

 

モデル体型を手に入れる美味しいものを我慢せず運動0でモデル体型ダイエットメール塾

110
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事