あなたの肥満度は? “モデル体型”になるための計算式

理想体型とは

「ダイエットに成功したい」
それは女性にとって永遠のテーマであり願望ですよね。
自分の体重が平均以下であっても
「もっと体重を減らしたい」と考える若い女性は30~40%もいることがわかっています。
特に10~20代の女性は常にダイエットして細くなることを意識しています。

 

ダイエット6

下記を見てください。
・身長:158㎝
・体重:50kg
これは日本人女性の平均身長と体重です。

 

そして、理想体重や標準体重は下記の公式で計算できます。
理想体重は標準体重よりも少ない定数をかけています。
(身長×身長)×22÷10,000=標準体重
(身長×身長)×19÷10,000=理想体重

 

これを先ほどの日本人女性の平均身長で計算してみましょう。
・標準体重=54.9kg
・理想体重=47.4kg

 

確かに健康であると考えられる標準体重は、平均体重より上回るし、太めかなと思ってしまいますよね。
標準体重よりも少し低い理想体重を目指す女性が多いのが納得できます。

 

「スリムな体型になりたい」
「ダイエットして痩せたい」
女性の永遠のテーマとも言えます。
では、なぜ女性はそんなにスリムになりたい、痩せたいと思うのでしょうか?

 

学校のテストなどで平均点より少し高いと、
「よかった」
「平均点を上回っていた」
とほっとする人が多いと思います。

 

それなのに、世の女性は、自分の体重はもうすでに日本人女性の平均以下なのに、
「自分は太っている」
「もっと体重を減らしたい!」
と思っています。
特に、10代?20代の若い女性はこのように思っている人がさらに多そうですよね。

 

なぜそこまで女性は痩せることにこだわるのでしょうか。
女性が痩せることにこだわる理由の1つ目は、
「痩せているほうがかわいく見える」と思っているからです。
過剰で無理なダイエットをして、周りから見たらガリガリ、大丈夫?と声をかけたいほど痩せていても、
「まだ自分は太っている」
「もっと痩せたい」
とさらにダイエットをしようとしている女性は結構います。

 

ファッション雑誌などでは、
きれいでスリムなモデルさんがたくさん登場し、
世の女性のお手本とされています。

 

「私もあんなスリムになりたい」
「モデル体型になってあの雑誌の服を着たい。」
雑誌を見るとそう思いますよね。

 

また、女性誌ではいつも「ダイエット特集」のような企画が組まれていますよね。
「りんごダイエット」、「糖質オフダイエット」、さらには「断食」など、
手を変え品を変えではないですが、いろんなダイエット法がいいと言われ、
次々に新しいダイエット法が開発されてきます。
世のスリムになりたい女性も情報が多すぎて、どのダイエットがいいのかわからなくなってしまいます。

 

ダイエット5

 

女性が痩せることにこだわる理由の2つ目、それは
「男性は痩せている女性が好き」
と思っていることです。

 

男性が思う女性の理想体型は、女性自身が思っているほど痩せている女性ではありません。
女性だってみんながみんなムキムキマッチョな男性が好きではないように、
男性も人それぞれ好みがあります。
少なくともガリガリで不健康な女性のことは
「かわいいな」
「魅力的だな」
とは思わないでしょう。

 

しかし、女性は
「男性は痩せている女性が好き」
「モデル体型の女性がモテる」
このイメージを根強く持っています。
特に若い女性の間でこの思い込みが非常に広くいきわたってしまっています。
これだけ浸透しているのも、やはり女性誌の影響が大きいでしょうね。

 

痩せすぎはもちろん健康にもよくありません。
筋肉が少なくなるため、体温のコントロールがしにくいです。
冷え性や生理不順になったり、風邪を引きやすくなります。
さらに過剰なダイエットは、栄養が偏ってしまい肌も荒れやすくなります。
理想体型を目指しつつ、しっかりと健康管理もしていきたいですよね。

 

BMIと適正体重について

 

体格指数BMIと標準体重について

BMI(Body mass index)は、身長の二乗に対する体重の比で体格を表す指数です。 
このBMIが男女とも22の時に高血圧、高脂血症、肝障害、耐糖能障害等の有病率が最も低くなるということがわかってきました。 
そこでBMI=22となる体重を理想としたのが標準体重です。 
BMI 25以上を肥満と判定しています。

 

よく耳にするBMI。
これを使うことで、自分が「痩せ型」、「普通」、「肥満(1~4)」のどれにあてはまるかが簡単にチェックできます。

 

食べて痩せる

 

BMIの計算方法
BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

 

BMIが18.5未満を低体重、
18.5以上25.0未満を標準、
25.0以上30.0未満を肥満(1度)、
30.0以上35.0未満を肥満(2度)、
35.0以上40.0未満を肥満(3度)、
40.0以上を肥満(4度)としています。

 

BMIの計算式は世界共通ですが、判定基準は各国で異なります。
日本のBMIの理想値は男性が22.0、女性が21.0とされています。
BMI数値に近いほど「統計的に病気にかかりにくい体型」と言われています。

 

BMI19.5からの挑戦

ダイエット1

スタートが160cm50kg(BMI19.5)とかなりスリムな体型から始めました。
 
多くの方がBMI20以下を目指します。
すでに目指す体重になっているのですから、普通のダイエットではなかなか体重を減らすのは難しいです。
 

私もそうだったのでよくわかるのですが、
スリムな方は肥満の方と違って
「何か特別なダイエット法」があるに違いない。
そうでないとこれ以上痩せられないとつい思ってしまいがち。

 

そりゃそうですよね。
スリムな方は、今までその体型を維持してきたのですから、
当然、体重管理は徹底しているだろうし、さまざまなダイエットだって経験済のはず。
できることはしてきているけれどももう少し痩せたい。
「これ以上何をすればいいの?」
「やることは全てやった。」
と悩んでしまいます。
 

そこで無理なダイエットに走ったり、
芸能人やモデルのブログを見て真似してみたりと、
今の私からみたら危険なダイエットにはまりがち。

元々頑張り屋さんなので、どんな過酷なダイエットにも挑戦してしまいます。

いえいえ、全うに脂肪を減らさないといけません。
簡単に楽に減らそうなんて考えないでください。
そのためには必要なことよく勉強しないとですね。
 

 

:::::::::::::::::::::::
早いもので入塾して2ヶ月経とうとしています。
 

体重は1ヶ月目はほとんど変わらずでしたが、やっと少し動きだしました。
長かったぁ~(><)
 

また戻るかもしれませんが・・・
 

入塾する2ヶ月前に炭水化物を抜くダイエットをしてしまい、
入塾スタートから停滞期&省エネモードに入っていたのかな?と思っています。
 

ダイエットをしている事を知っている母に「減らないんだよね~」といったら
「体重増えてないんでしょ?」といわれました。

 

o0638046412969345334-300x218
 
*青い線が体重です

思えばそうでした!

マイナスな考えばかりしていて、いつもなら増えるのに維持している事に気づけていなかったんです。
 
入塾から1度も50キロの大台に乗る事もなく、そして体調がとても良いです。

ビタミン・ミネラル不足で出来ていた口内炎も最近は出来なくなりました。(2年ほどサプリを飲んでましたが今は飲んでいません)
 
これも先生方のお陰です。ありがとうございます。
 

 

職場で私がダイエットしている事に気づいてる人も増え、ダイエットの話題も増えてきました。
炭水化物を抜くとか、グレープフルーツが良いとか、果物を先に食べた方が良いとか色々な話を聞きますが・・・
怖い怖い!それ吸収早くて逆に太るから~とかリバウンドするよ~と内心思っています。
 

 

先日、職場の栄養士さんにも「これから仕事も忙しくて大変だから、ちゃんと食べた方が良いですよ」と言われ苦笑いでした。
 
私が実践しているダイエットが食べないダイエットだと思われているんだなぁと思いました。
 

確かに、職場でも甘いお菓子や飲み物はすべて断ってますし、
社食で「スパゲティサラダは食べれない」
とか
「豚肉は半分まで」
とか○埋めをしているとどうしてもカロリーが高めの食事は食べない事が多くなっているので、
多分その状況を見てのアドバイスだとは思うのですが・・・
 

 

栄養士という職業でも『ダイエット=食べない』または『カロリーを抑える』
という事に結びつくのだと改めて思いました。
 
2ヶ月が経とうとしていますが、少し気が緩んで来ています(笑)
 
そして、未だに挫折と甘いものの誘惑と戦いながらのダイエットになっていますが、これからも頑張りたいと思います。

:::::::::::::::::::::::
 
お母様の一言で自分が頑張っていることが再確認できてよかった。
そういうことに気付けるというのがとても良い方向に進んでいるということなんですよ。
 

こんなに頑張っているのに減らない
 このようにばかり考えてしまうと、
せっかく頑張っているのに身体も頑張りたくなくなっちゃうかも。
 

 

彼女のように良い方向に意識を引っ張っていきましょう!!
 

 

あと1kgで目標達成です。
この1kgが大変だったりします。
 

 

また、目標に達してからの生活をしっかり続けていかないとキープも難しいものです。
これからも理想に向かって頑張ってください!

 

 

体型維持に必要なポジティブさ

ダイエット2

ダイエットは正しい方法で、ルールを守って頑張って続ければ、期間や減り方は個人差がありますが、
効果はきちんとでてきます。

 

しかし、急激にダイエットをすると、
一時的には痩せますが、途中で挫折してしまい、
ドカ食いに走ったり、リバウンドしてしまいます。
これもよく聞く話ですよね。

 

 

あなたの周りにこんな女性はいませんか?
一緒にいるときはいつもたくさんご飯をおいしそうに食べる、
夜は、お酒をよく飲み、そこでもよく食べる。
それなのに、スリム体型でダイエットとは無縁と思えるような女性。

 

 

もちろんダイエットをがんばっていると聞いたこともないし、そんな様子もない。
いますよね、そんなうらやましい女性!!
その女性の太らない秘密は、生活習慣のメカニズムにあるのです。

 

 

●ダイエットしているという意識がない
「あれは食べてはダメ」
「これも太るからNG」
「食べたらその分運動しないとまた太っちゃう」
そんなことを毎日考えながら生活し、ダイエットに追われているとストレスが溜まります。
終わりの見えないダイエットに耐えられるほど人間は強い心を持った生き物ではありません。

「これは食べてはダメ」
という自分に制限をかけるのをやめましょう。
考え方を変えるのです。

「おなかもそんなに空いていないし、今は食べるのをやめよう」と自分への言い聞かせ方を変えてみましょう。
慣れないうちは時間がかかるかもしれませんが、これが習慣になれば気持ちがずいぶんと楽になります。
ダイエットしていると思わないことが重要です。
そうすると余計なものを口にしないようになるのです。

 

 

●必要な量を必要なときに食べる
スリムな体型を維持し続けている女性は、
ダラダラと無駄にお菓子を食べ続けません。

お菓子を食べない分、朝食・昼食・夕食、その3食はしっかりご飯を食べているはずです。
おなかがそんなに空いていないのに口さみしくなって食べてしまうことは、
本当は体が食べ物を必要としていないのに、体内に送り込んでいるわけですから、
余分なお肉としてついてしまうんです。
それが太る原因の一つなんですよ。

 

 

●決めた生活習慣を維持し続ける
想像してみてください。
ダイエットをしたいと思ったとき、
1日必死に頑張ったくらいでは何も変化なんてありませんよね。

しかし、毎日、簡単なことでもダイエットをし続けると、時間はかかっても成果は出てきます。
私達の日々の行動の90%以上は、習慣として無意識に行っているもので形成されているそうです。

日常の生活習慣”の中に、小さくても自分で決めた決まりごとを組み込んでしまいましょう。
そしてそれを毎日実行し、習慣づけましょう。
そうすると、体重が目標に到達したあともそれが生活習慣となって毎日行われるので、ずっと体型を維持できるんです。

 

 

●楽しい方法を選んでいる
「ダイエットしなきゃ」
と思うと、大変、つらい、はやく終わってほしいと思ってしまいます。
急激なダイエットで、きつい食事制限をしてしまうと気分も乗らないし、苦痛に感じてしまいます。
ダイエット方法や体型を維持する手段は、
毎回雑誌に掲載されるほど無数にあります。

その中にはつらいものばかりではなく、楽しいものもたくさんあります。

ご経験があると思いますが、
「楽しい!!」
と思えると、習い事でも仕事でも長く続けられますよね。

健康食品のCMではありませんが(笑)
「おいしい!」と思ったものを選び毎日食べるといいんです!!
ダイエットのための筋トレやエクササイズも
「楽しい!」
「これなら続けられそう!」
と感じたもの毎日するようにしましょう。

 

 

●健康に良い新しいことを少しずつ取り入れていく
たくさん食べてたくさんお酒も飲むのに、ダイエットに無縁で、しかもスリム体型女子。そんなうらやましい女子が生活習慣の中に取り入れている体型維持の方法は、
どれも彼女たち自身が楽しんでいるものばかりなのです。

また、スリム体型女子は、ポジティブなのです。
健康に良いと聞けば、
「これはちょっと・・・」
とは思わずに、とりあえず試しています。
常に新しいモノやコトにチャレンジし、日々変化しているのですよね。

前向きでポジティブであれば、気持ち明るくなりますよね。
そのことがダイエットの成功、体型維持への秘訣とも言えます。

 

 

 

まとめ

ダイエット3

 

朝、起きたらまずは白湯を飲む。
ダイエットに効果的と言われていることの一つです。

 

また、その日の一杯目に飲むコーヒーや紅茶のお砂糖を抜く、
そんな小さなことでも生活習慣になれば、
今ではないかもしれません。
しかし、いつか大きな効果としてあらわれるはずですよ。

 

いきなり過激なダイエットをして、
つらい気持ちで必死に頑張るのではなく、
小さな積み重ね、それこそがダイエットなんだと思って生活習慣にしていきましょう。
簡単なことでも自分が
「ダイエットできているんだ」
と思えば、気持ちも楽になり、前向きになれますよ。
それを継続していれば、効果が出てくるのは時間の問題です。

 

スリム体型女子をイメージし、
ダイエットを毎日の習慣にしていき、
良い方向に意識を引っ張っていきましょう!!

”運動ゼロ””美味しいものだけを食べる”

全く新しいダイエットノウハウを公開しています。

 

今までのダイエットの常識を覆すモデル体型ダイエットメールセミナーを無料でご受講いただけます。

 

ぜひ、健康と美しさが両立する幸せな心身を手に入れたい方はご登録ください。

 

メルマガ登録ボタン

 

 

モデル体型を手に入れる美味しいものを我慢せず運動0でモデル体型ダイエットメール塾

110
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事