モデル体型への野菜の食べ方③

野菜の食べ方

お野菜を1日にどのくらい召し上がっているのか?

ご自分の量を計ってみましたか?

 

野菜は1日350g

350gは食べている、という方はどのくらいいらしたのでしょう。

日本人の中で1日350g以上の野菜を継続的に食べているという人は少数だそうです。

 

アメリカの研究で「野菜摂取量が多いほど心臓病のリスクが低い」と出ています。

 

スペインでは死亡者562人を調査して野菜の摂取量をふやせば

死亡リスクが減るとの研究結果が出ています。

 

日本でも野菜を多く食べるグループは食べないグル―プより

胃がんのリスクが低いとか高血圧のリスクが低いという結果が出ています。

 

野菜1皿で約70gとして、生野菜で中皿、おひたしや煮物で小皿の量になります。

   朝食・・・1皿。   70g

   昼食・・・2皿。  140g

   夕食・・・2皿。  140g

         合計 350g

というように食べることで十分350gに達します。

 

外食のときの野菜の食べ方

ただ、外食でパスタランチ、カレーランチなどになると

野菜がほとんどないか、

良くてミニサラダしかついてこないということになります。

ふつうのミニサラダには野菜30gくらいしか入っていませんので

なかなか量は摂れませんね。

 

ですからパスタ、カレー、丼もので済ませるよりは、

和定食がおすすめっていうことになります。

 

これ以外にもわかめ、モズクなどの海藻類や

しいたけ、えのきなどのきのこ類も野菜の一種に入ります。

 

海藻類、きのこ類はほとんどカロリーがないくらいに

考えて大丈夫ですのでどんどん食べましょう。

 

全く新しいダイエットのノウハウを学びましょう

”運動ゼロ””美味しいものだけを食べる”

全く新しいダイエットノウハウを公開しています。

 

今までのダイエットの常識を覆すモデル体型ダイエットメールセミナーを無料でご受講いただけます。

 

ぜひ、健康と美しさが両立する幸せな心身を手に入れたい方はお申し込みをしてください。

 

メルマガ登録ボタン

 

 

モデル体型を手に入れる美味しいものを我慢せず運動0でモデル体型ダイエットメール塾

110
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事